初詣のお参り(お祈り)の仕方!-今さら聞けない○○シリーズ

初詣のお参り(お祈り)の仕方!ー今さら聞けない○○シリーズ

新年が明けると『初詣』に行くのが日本人の習慣!

普段お参りに行かなくても、
「年が明けたときは行く。」っという方が多いと思います。

そんな初詣ですが、いざ行ったところで……
「あれ?お金投げた後って、どの順番でやるんだっけ??」

っといったように、初詣の重要ミッションである
お参り(お祈り)の仕方を忘れてしまった事はないでしょうか?

これが身内だけで行くなら、まだ大丈夫かもしれませんが!
もし恋人や、会社の同僚と行ったときの場合はとても恥ずかしい!!

なので、そんなときのために!
今回はコソッと「お参り(お祈り)の仕方」を紹介します。

Sponsored Links

お参りの仕方

お祈り以外にも作法的なことはありますが、
一番みなさんが確認したい部分だと思うので始めに紹介します!

    ①:拝殿の正面に立ったち、軽く会釈、そのあとに鈴を鳴らす。
    ②:賽銭箱にお賽銭を入れる。
    ③:二拝(2回頭を下げておじぎ)
    ④:胸の高さで手のひらを合わせ、右手を少し下にずらして二拍手。
    ⑤:指先をしっかりと合わせて祈り、終わったら手を下ろします。
    ⑥:一拝をして終了。

これは「二拝二拍手一拝」という、参拝の基本作法です。

しかし、神社によっては特別な作法があります。
なので特殊そうだった場合は、迷わず神主さんに聞きましょう。

ちなみに神社では上記のように拍手ですが、お寺では静かに合掌です。
お寺で拍手はNGなのです。静かにお祈りしましょう!

Sponsored Links

手水の仕方

神社で、お水が出ていて柄杓(ひしゃく)が数本置いてある場所があります。
その場所で、参拝する前に手を洗ったり、口をすすぎます。

    ①:右手で柄杓を持ち、水を汲み左手にかける。 
    ②:左に持ち替え、右手にもかける。
    ③:右に持ち替え、柄杓で左手に水を受け、口をすすぐ。
    ④:すすぎ終わったら、柄杓で左手に水をかける。
    ⑤:両手で柄杓を立て、柄(持つ部分)に水を流す。
    ⑥:柄杓を置き場に伏せて戻す。

このときの注意ポイントは、
③の口をすすぐときに柄杓に直で口をつけないようにしてください。

あとは水飲み場ではないので、水はくれぐれも飲まないように!

なんだか難しく感じますが、簡単に言うと
『参拝する前に、手洗いうがいをしましょう!』ということですね!

参拝の手順

もっと礼儀正しく行いたいっと思っている方へ!
今度は参拝の手順です。

    ①:鳥居をくぐる前に衣服を整え、軽く会釈をし、鳥居をくぐる。
    ②:参道は中央を避け、ゆっくりと歩く。
    ③:手水舎で手水をとる。
    ④:「二拝二拍手一拝」でお祈り。

ここでは②が注意ポイントです。
参道は、ど真中をドヤ顔で歩くのはやめましょう。
中央は神様の通り道なので、中央を避けて歩いてください。

まとめ

忘れがちな参拝作法、確認できましたか⁉︎

正直一回で覚えろっと言われても、忘れちゃいそうですよね(笑)
でも大丈夫!もし忘れたら、またここに戻ってきて確認していってください。

他にも役に立ちそうな記事も投稿していくので、また来てくださいね!
ブックマーク、またはお気に入りに入れておけば安心です!

そういうことで!
それでは、みなさん良いお正月を♪

Sponsored Links



関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ