【Xmas到来】子供にサンタさんからのプレゼントを聴きだす方法!

クリスマス プレゼント 子供

「クぅ~リスマスが♪今年もやぁあてくるぅ♪♪」

もう今年も残るところ あと少し!
そしてがやってきますね!!

クリスマスといえば?

  • 豪華な料理
  • クリスマスパーティー
  • ロマンチック・デート
  • ケンタッキーのCM

これらがで想像される事だと思います。

そして、忘れちゃいけない人がいますね。

そう!サンタさん!!

このシーズン、子供へのXmasプレゼントで
頭を悩ませている『サンタクロースの見習いさん』も多いと思います。

普通のXmasプレゼント…ではなく、
【サンタさんからのXmasプレゼント】

『サンタクロースの見習い』として、
いかにバレずに子供から『欲しいプレゼント』を聴きだすかが重要です。

なので今回は、
『どうすれば、うまく子供からサンタさんにお願いするプレゼントを聴きだせるか!?』
を紹介していきます。

Sponsored Links

方法その1:サンタさんへの手紙を書いてもらう

必須条件 :子供が文字を書けること

もし、子供が文字を書くことができる場合に有効です。

サンタさんにプレゼントをお願いするために、お手紙を書いてみよう!
 そうすれば!
 ○○くん(ちゃん)の欲しい物をサンタさんが届けてくれるかもよ!?

っと、いった具合に子供に頼んでみましょう。
お願いするときの注意として、セリフの赤い文字の部分は必ず付け加えてください。

この部分を抜かすと、普通のサンタさんへの手紙となってしまい、
こっちが本当に知りたい内容が抜けてしまう可能性があるためです。

上記のセリフとあわせて、
○○くん(ちゃん)も、
 お手紙と一緒にサンタさんへ何かプレゼントしてみる?

というような感じにすると、手紙を書く意欲にもつながり
子供への教育にも、良い結果になるかもしれません。

クリスマス プレゼント

方法その2:一緒にお風呂に入り聴きだす

必須条件 :家にお風呂(湯船)があること

とてもやんちゃで、普段から手のつけようがない子供に有効です。

お風呂場はスペースも限られており、暴れようにも暴れられない場所です。
いくらやんちゃで暴れん坊将軍でも、すこしは静かでしょう。

しかし、そんな場所でもタイミングが重要なカギとなってきます。

そのタイミングは、『一緒に湯船に入っている時間』です。

湯船は、お風呂場よりもさらに限られたスペースとなります。
そのため、さらに子供を静かにさせれる時間です。シャンプー中などはNGです。

ここでさりげなく
○○くん(ちゃん)、サンタさんにプレゼントは何をお願いするの?
と、聴いてしまいましょう。

大人も『裸のつき合い』というように、裸だと聴かれた側本音をさらし出しやすく、
さらに肌をふれている状態で密着している場合、静かになり『本当の事』を聴きだせる可能性が高いです。

聴きだすときに重要なのが、あくまで『さりげなく』です。
このときに、きょどったり・変に緊張したり・恐い顔
聴いたりしない様に注意してください。

もしここで教えてもらえなかった場合
パパ(ママ)が、
 サンタさんから聴いてくるように頼まれてるんだよね~。

と切り返して聴き直しましょう。

Sponsored Links

方法その3:一緒に買いに行く

必須条件 :子供と過ごす時間

身もふたもないように思われますが、この方法は究極かつ確実な方法です。

<3-1:『確実』な部分>

まず一緒におもちゃ屋さん等に行き、何が欲しいか聴きます。

「○○くん(ちゃん)は、Xmasプレゼントに何が欲しい?」
はじめは『普通に渡す用』のXmasプレゼントを聴きましょう。

そして、次に
それじゃあ次は、サンタさんに何をお願いするか決めようか?
という感じで、直接決めてもらいましょう!

この方法だと、
お願いされた物の発注ミスがきわめて起こりにくく、とてもスマートに聴きだせます。
プレゼントを開けたときに、ガッカリした顔を見なくてすみますね。

しかし、その場で『サンタさん用』絶対に購入しないでください。
あくまで『サンタさんからのプレゼント』です。
あとで、こっそり一人で買いに来ましょう。

『普通に渡す用』『サンタさん用』で行ったり来たりして
ごちゃごちゃになったり、途中で変更になる場合もあるかもしれませんが、
そこは怒らず臨機応変に対応してあげてください。

そして、さらに大事なことがあります。
この方法の『究極』の部分です。

クリスマス プレゼント

方法その3(続):最高のプレゼントとは……

『方法その3』の続きになります。

<3-2:『究極』な部分>

『方法その3』で、一番大事なのは『子供と過ごす時間』を作ることです。

この時期は町中がクリスマスムードになり、どこに行っても飾り付けや音楽が鳴り響き、
1年の最後を締めくくる、とても大きなイベントになります。

その楽しげなイベントに、家族が一人でも欠けてしまうと
『何か物足りなく』すこし寂しいクリスマスになってしまいます。

子供心は純粋であり、ものごとを刻みやすい時期です。
また、その時間もすぐに過ぎ去ってしまいます……。


この貴重な時間を寂しいものではなく、楽しい時間にしてあげてください。

今は分からなくても、その子が大人となり、
心の片すみに残り続けるものが『家族と楽しく過ごした時間』ならば、
それこそが【究極のXmasプレゼント】なのではないでしょうか。

そして、そのプレゼントが、そのまた子供に受け継がれていく……。

これがサンタクロースの『本当の指名』であり、『存在そのもの』だと思います。

年の瀬で仕事も忙しい時期かもしれませんが、
子供や家族と過ごせる時間を作ってあげてください。

プレゼントを用意するところから直接わたすところまで一緒にいてあげることが出来れば、
あなたは『見習い』から昇格し、立派な『真・サンタクロース』になることでしょう。

メリークリスマス

よいクリスマスを過ごせるように、
ぜひ今回紹介したことを参考にしていただければと思います。

みなさんが立派な『サンタクロース』になれることを願って……。

~ Merry Christmas ~

Sponsored Links



関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ