【YZF-R25】12/15発売決定!最新情報まとめ!!【ヤマハ】

YZF-R25 国内仕様 フォト

2014年11月04日
待ちに待った『国内仕様』公式発表されました!

今回は、いままで公開されていなかった
国内仕様の最新情報をざっとまとめます!!

Sponsored Links

発売日

みなさん気になっていた発売日!

ズバリ!!

2014年12月15日
 
結構みなさんの予想通りですね。

冬の発売となり、売れ行きがどうなるか分かりませんが
「絶対に手に入れたい!」っと夜も眠れない方は、お早めの予約を強くオススメします!!

スペック(主要仕様諸元)

インドネシア仕様と同じです。

つまり最高出力36psっということです!
ここらへんは「国内仕様で落とされる?」
心配されていましたが、グローバル設計だったみたいですね!!

YZF-R25の一つの魅力だっただけに、嬉しいかぎりです。

YZF-R25 国内仕様 メーター

スペックを載せてる記事はこちら↓
・【2014年・冬発売か!?】YZF-R25最新情報おさらい!【ヤマハ】

カラーリング正式名称

しろゼル情報局でも
略称で記載していましたが、正式名称も発表されました。

ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー/シルバー)
ブラックメタリックX(ブラック)
ビビッドレッドカクテル1(レッド/ホワイト)

さて、あなたはどれを選ぶ?

全3種のカラーリングが分かる記事はこちら↓
・【YZF-R25】日本仕様に青色!?インドネシア仕様と比較!!【ヤマハ】

ABS仕様

ABS仕様もあります!

が、発売は来年春の予定になるようです。

私の場合『HONDA』のABS仕様のバイクに
乗ってた時期もありますが、あったことに越したことはないですね!
そのころ初心者だったこともあり、大分助けてもらいました。

ただ、ABS仕様の場合
若干は重くなるのと、システム制御がキライな方はSTDをオススメします。

Sponsored Links

シャレた純正アクセサリー

YZF-R25は、純正アクセサリーが豊富です。

スポーツスクリーンLEDウィンカー(3タイプ)
ステムナットカバー形を崩さないバッグ系

たくさんありますが、
その中でも気になるのが専用『サイドスライダー』

YZF-R25 国内仕様 サイドスライダー
すこし分かりにくいですが、全体だとこういう感じ。
YZF-R25 国内仕様 サイドスライダー

一般のサイドスライダーだと、
筒状のモノが出っ張っている感じで、とてもカッコイイものではないです。

しかし、この専用サイドスライダーだと、
フォルムをそこまで崩さず、カッコイイ感じにまとめることが出来そうです。

YZF-R25はそこまで『SS*してないですが、SS系に乗る人は
大体1回くらいは正直コケてる人が多いので、つけていた方が良いと思います。
もちろん、わたくししろゼルもSS系に乗ってたとき納車して2日目でコかしました(笑)
*SSとは、「スーパースポーツ」の略。

正式な販売価格

前回の記事と変わらず
本体価格(税込):556,200円

下取り等なしで、納車価格はだいたい62万前後っといったところでしょうか?
他メーカーと、あまり差がない価格設定です。

まとめ

ついにベールを脱いだ【YZF-R25:国内仕様】

新型250cc戦争に殴りこむ『YAMAHA』

はたして有無を言わさず快進撃となるのか!?
YZF-R25の活躍に期待!!

YZF-R25 国内仕様 最新情報

出典(全画像):YAMAHA[yamaha-motor.co.jp]

 
にしても、私も欲しいなぁ…R25……。(笑)

Sponsored Links



関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ