【バイク】面倒くさがり屋でも出来るチェーン洗浄【メンテ】

今回は、初の動画投稿!

本筋から少々外れたりもしましたが、
これからもこんな感じでよろしくお願いします!!

っということで、まずは動画を観ていただいて、
それから記事と合わせてご覧いただければと思います。

ではでは、動画の補足を含めて
『面倒くさがり屋でも出来るチェーン洗浄』
をお送りします!

Sponsored Links

その1:準備

チェーン洗浄 準備
はじめにチェーン洗浄において、必要な物を用意します。

  • チェーンクリーナー
    (中性洗剤などでも
  • チェーンルブ
    (専用チェーン油)
  • いらない段ボール
    (地面が汚れない様に出来る物)
  • いらないタオル
    (ウェスになるもの)
  • いらない歯ブラシ
    (固すぎないブラシなど)
  • ソケットレンチなど工具類
    (カバーを外す場合)
  • ゴム手袋
    (手を汚したくないなら)
  • バイクへの愛情
    (大事!)

これらを用意したら、バイクの下にダンボールを敷きましょう。
敷く部分は、主にチェーンの下です。

動画の通り、スプレーからタイヤを守る用に、
余分にダンボールを用意しておいてくださいね。

【要注意】

チェーン洗浄 準備2
バイクで使ってるチェーンが【シールチェーン】の場合は、
必ず『チェーンクリーナー』を使用してください。

『パーツクリーナー』をうっかり使用すると、
プレートの間のシールが溶ける場合があります!

逆に【ノンシールチェーン】の場合は、
『パーツクリーナー』でも大丈夫ですよ。

ちなみに、チェーンクリーナーがなければ
『中性洗剤』でも代用できるので安心してください!

でも、油関係は『サラダ油』で代用はやめておきましょう。(笑)

その2:ドライブ・スプロケ周りの洗浄

チェーン洗浄 スプロケ洗浄
毎回はやらなくてもいいと思いますが、
2回に1回くらいはやっておきたい部分です。

やらない場合は『その3』に飛びましょう!

1:カバーを外します

それぞれ車種によってボルトの数&サイズは違うと思いますので、
ピッタリ合う工具で、ボルトをなくさないように取り外します。

2:スプロケ洗浄

ここもチェーンによって、『チェーンクリーナー』で洗浄します。
ブラシを使って、歯の汚れをとります。

3:スプロケケースを洗浄

スプロケの周りを洗浄します。
動画ではみられませんでしたが、放置してるとドッサリとカスが溜まってます。
せっかくなのでキレイにしましょう!

Sponsored Links

その3:チェーン洗浄

チェーン洗浄
クリーナーなどで、チェーンを洗浄します。
タイヤを、クリーナーなどから守るためにチラシ等で囲って守ります。

私の場合は、動画のようにダンボールでガードしながらやります。

1:チェーンを洗浄

全体的にクリーナーを吹きかけ、ブラシでゴシゴシしていきます。
洗浄開始前に、開始位置を決めておきます。(オススメはカシメ部分)
ドリブン・スプロケも一緒に洗浄しておくと、あとが楽です。

2:汚れをふき取る

ブラシ掛けが終わったら、いらないタオル(ウェス)でチェーンを拭いていきます。
汚れが取れないときは、クリーナーをかけてふき取ります。

その4:チェーンへ注油

チェーン洗浄 注油
クリーナーが乾いたら、注油です!

私は『チェーンルブ』ではなく、ヴィプロス『グレサージュ』を使用しています。

ヴィプロス グレサージュ バイク

ヴィプロス[www.vipros.jp/]

動画内の説明通り、サラサラタイプです。
浸透性にも優れていて、負荷もなく高効率な感じです。雨天にも強いっぽいです。

1:チェーンに注油

洗浄のときと同様に、開始位置を決めておきます。
2種類の隙間、計4か所(2種類を両サイド)を狙って注油します。
動画とは違うカットで紹介です!↓

チェーン洗浄 注油箇所

2:油を馴染ませる

リアタイヤをぐるぐる回して、馴染ませます。
動画ではエンジンをかけて回すシーンがありますが、
センタースタンドが無い場合は危ないのでオススメしません。
*洗浄・注油時はエンジンをかけた状態で、作業を絶対にしないでください。大変危険です。

3:余分な油をふき取る

余分な油をふき取ります。
チェーンを軽く拭く感じで行います。
私は中央のローラーを、かる~く拭く感じでやっています。

その5:ホイールやタイヤを拭く

チェーン洗浄 ホイール拭き
洗浄や給油時に、ガードしきれなかった油などをふき取ります。

ホイールやタイヤに飛び散っていた場合拭いてください。

その6:ドライブ・スプロケのカバーを取付ける

チェーン洗浄 カバー取付け
カバーを元に戻して終了です。

コード類をカバーでクランプするタイプは、変に挟まないように気を付けてください。

その7:実際に走る

チェーン洗浄 走り行く
実際に走行して、キレイになったチェーンの感覚を思う存分に味わってください!

ただし、チェーンルブの場合は飛散させない為にも、
半日くらい放置して落ち着かせてからの方が良いです。

まとめ

チェーン洗浄の時期は、乗り方によっても変わります。
まぁ、最低でも2か月に1回はやっておいた方がいいと思います。

私の場合は、タイヤの空気がちゃんと入っていても、
「なんか重いな~」っと思った時がやりどきな気がします。

やってもあんまり意味がない様に思えても、
結構効果があるので(燃費も変わるかも?)
マメに洗浄して、快適バイクライフを送りましょう!!

Sponsored Links



関連記事はこちら!

2 Responses to “【バイク】面倒くさがり屋でも出来るチェーン洗浄【メンテ】”

  1. st250くん より:

    バイク初心者でチェーンを掃除しようと思ってて、とても参考になりました!
    次の動画も期待してます!

  2. あほ より:

    昔乗ってた時もそうだった。バイクの面倒なところの一つだよな。
    こんなのやってる時間ないってのwww

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ